CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
<< にほんからみんなえがおに | MAIN | 3/26 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |



発生から1週間が経ち

AKARUIMIRAIHE
LOVE and PEACE

3月11日から1週間が過ぎました。
どんな日々をお過ごしですか?


スピカでは今日も変わらずに営業をしています。

お店に来るお客さまがいること、スピカのパンを食べたいと思ってくれる人がいることは、私たちにとってとても励みになります。また、出来る事があるということが、気持ちをも前向きにさせてくれる。とてもとてもありがたいことです。

この1週間は、お客さまと地震や原発の話題がたくさん飛び交いました。

メガネとマスクをばっちり装備して、放射能の影響を心配される方も、全く気にならない様子の方も、いろいろな意見をお伺いしています。

また、小さなお子様がいるお母さんは、家族みんなでしばらく西へ避難するという方もいました。ニュースやTwitterでの情報も、幅が広く、混乱されている方も多いようです。

最後は本当に自分の判断を信じるしかないと、日々感じています。



スピカの店主、たいじさんは、パンを焼き続けます。

もちろん、余震も放射能も恐いけれど、今すぐにだって逃げ出したい気持ちはあるけれど、スピカのパンを待っている方がたくさんいるから・・・
 
ー オレはパンしか焼けないから ー

そう言って、寝る間も惜しんでパンをひたすら焼き続けるたいじさんの姿は最高にかっこいい。また、出来上がったたいじさんのパンは本当に本当に美味しい。スピカのパンがあれば放射能だって恐くないって、そう思える、信じられる。




今週末のSPICAFEに、何人かのお友達が、偶然みんな同じ時間に一度に集まった。
一人暮らしをしていて毎日不安で落ち込んでいた子もいたし、中には顔を見るだび今にも泣き出しそうな子もいた。

みんなみんなとハグし合って、その瞬間、この1週間のいろんな想いを共有できた気がした。


スピカは小さいお店故、相席をお願いしています。
その相席が、思わぬ出逢いや交流の場となっている。

今日も居合わせたお客さま同士、震災や原発の事、いろいろ想いをシェアされているようでした。

ー この場所、スピカがあって本当によかった。来て良かった。 ー

そう言ってくれた方がたくさんいました。
はじめは迷っていたけれど、通常通り営業を決めてよかった。
SPICAFEをはじめて本当によかったと、心から思いました。

来週からも通常通り、スピカ・麦の穂とSPICAFEは営業致します。

まだまだ出歩く事も不安が尽きない毎日ですが、もしも暗いニュースで気持ちを落としていらっしゃる方がいたら、一人で不安な毎日を過ごされている方がいたら、もしよかったら遊びにいらしてください。そしてスピカのパンで元気を取り戻しましょう!きっと体の中から元気に、ハッピーになれますよ*

一人でも多くの方が笑顔を取り戻せるように
被災者の方たちがあたたかく過ごせますように
新しい命、小さな命が守られますように

今日も祈りを込めて。





hanae














| diary | comments(0) | trackbacks(0) |



スポンサーサイト
| - | - | - |











http://spica1989.jugem.jp/trackback/14



SPONSORED LINKS